金融機関の借入選び方

借入時の大切なポイントは、金融機関の選び方です。借入できる金融商品を扱っている金融機関はいくつかあります。どこにでも申し込めるというわけではないこともあります。人気の借入申し込み前に確認しておきましょう。
銀行での借入
銀行での借入は、安心感がある点がなによりおすすめできる理由です。住宅ローンやリフォームローンといった大型のローン、マイカーローンやブライダルローン、トラベルローンといった借入目的に応じたローン、少額借入からも可能なカードローンといったように、銀行での借入は様々なローンから選べることも特徴です。最近では、借入目的も自在に使えるカードローンも増加しており、目的ローンの代わりにカードローンを利用することなども可能です。
消費者金融での借入
消費者金融は、審査にかかる時間が短いことで、急いで借りたい時にピッタリの金融機関です。しかし、消費者金融が取り扱うローンも多様化してきており、借入目的に応じたローンを選べるようなところも増えています。貸金業法の改正によって、借入できる額は総量規制で厳密に決まっていますが、その代わりに借り過ぎてしまうという心配がありません。金利も併せて安心して申し込みできるローンも増えています。インターネットを活用して申し込みや借入などもでき、手間をかけずにお金を借りたい方にもピッタリです。
信販会社やクレジットカード会社での借入
信販会社やクレジットカード会社も、銀行や消費者金融のようにカードを使って借入できるローンを取り扱っています。利用方法は大きく変わりませんが、こちらは消費者金融と同様に貸金業法の規制を受けるローンとなっています。また、クレジットカードでキャッシングをする、信販会社が発行するローンカードでショッピングするといった中間のようなローンもあります。
住宅を購入するため、とはっきりとした目的があり、そのためのローンを申し込むのがベストな場合を除いては、金融機関の違いは把握しておきながら、たくさんのローンを比較して選ぶことがベストです。似ていると感じるローンであっても、少しの利用方法の違いが後々大きく便利さに影響を及ぼすこともあります。ローンだけ、借入のシーンだけを考えるのではなく、収入と出費のバランスも含めてトータルでお金の使い方を考えて金融機関は選びましょう。

地獄の借金生活!?消費者金融は怖いところ?

消費者金融と聞けば地獄の借金生活がイメージされるかもしれません。
しかし計画を立てれば消費者金融でのキャッシングは危険なものではなくなります。
そのために活用したいのは各消費者金融の公式ホームページにある返済シミュレーションです。
プロミスの返済シミュレーションを例にしてみましょう。
プロミスの返済シミュレーションでは2つの項目をシミュレーションすることができます。
一つは毎月の返済額、もう一つが返済回数です。
希望する完済予定があるのであればそのために毎月いくらを返済すればよいのかがわかります。
逆に、毎月の返済額を入力するといつ完済するのかがわかります。
入念に計画を立ててキャッシングをすれば怖いものではなくなるでしょう。